前へ
次へ

信頼できるスタッフが提案してくれる

ご葬家、喪主にとっては時間に追われながらも葬儀が執り行われますが、一般のお葬式の行われ方も知りたかったなど、後々本音として聞かれる内容です。
宗派・規模・祭壇など、希望の葬儀形態などを事前に相談できるならば、それが地域に根付いているものであるのかまで、悔いの残らない情報提供もお手伝いしてくれます。
豊富な経験と知識を持ち、提案から葬儀の進行、アフターケアまで任せられる、そうした葬儀社を選択しましょう。
優良業者というのは、ポリシーがあります。
例えば、白木の祭壇には供花が必要です。
親戚一同・子ども一同など名札をつけて配置されています。
株式会社など故人との続柄によって1基1基設置されています。
その価格をご存じでしょうか。
全国基準でいえば、1基1万5千円です。
花の本数は菊に換算すれば35本です。
目安として20基くらいは必要との話も耳にしますが、最近のお葬式事情では予算を少なめで取り急ぎ行う傾向です。
通常ならば、喪家の要望が優先されますが、優良業者は会場が寂しくなってしまわぬように、経験から適正な量を提案しています。
スタッフを信頼して欲しい声をあげています。
遺族には一生に一度、しかし優良業者は経験、培ったノウハウによる侘びしさがないように、祭壇周りをつくり込んでくれます。

Page Top